5:09

ICT協議会の全体像

動画の内容

福祉の現場においてICTの活用は必要不可欠ですが、小規模な事業者がICTを理解・活用できる人材を雇用することは困難です。
福祉業界の特徴として、介護報酬制度のもと同一のサービスを全国津々浦々で提供していることが挙げられます。つまり、事業者間のノウハウ共有が非常に効果的な業界です。象徴的なのが施設見学の文化です。
協議会では、施設見学の文化を現在のインターネット環境を活用して再定義し、全国の誰もが気軽に情報共有できる環境を作ります。また取り組みや知見をデータベース化することでICT化のノウハウを蓄積します。
これは言うならば、全国の法人が共通で利用できる情報システム部門のような位置づけです。同じようなことで悩むのはもったいない。ICT化のノウハウは協議会に頼ることで、事業者は利用者と職員に対して注力できるような環境を作りあげたいと考えています。

発表者:ICT活用協議会 事務局長 藤原
収録日:2018年7月30日
タイプ:一般公開
時間 :5:09