協議会の特徴

福祉事業者が中心

福祉事業者が主体的に活動し、お互いの知見を持ち寄ることで現場の課題を解決します。

福祉のICTに特化

福祉×ICTに特化することで、現場でICTを活用できるノウハウを入手できます。

全国どこからでも

ICT(インターネット)を活用し、全国どこからでも気軽に協議会の活動に参加できます。

協議会の活動内容

応援の声

アドバイザリーボードに就任頂いている方から、応援のお言葉を頂きました。
株式会社ビーブリッド

株式会社ビーブリッド

代表取締役 竹下康平

近年、介護業界のICTは急激に進化し、一部の事業者では活用も進み始めております。一方で活用事例やノウハウといった情報流通は不十分な状況が続いており、有益なICTの普及を阻害しております。
本協議会が情報の流通基盤になる事で、ICTの利活用推進に繋がる事を期待しております。

社会福祉法人 福祉楽団

社会福祉法人 福祉楽団

理事長 飯田 大輔

人に代わってロボットが介護する時代を想像している人もいるかも知れませんがそれは、だいぶ先の未来でしょう。
人が行うことを前提に、その動きや役割を効率よくすることは今日の情報技術で可能です。
この協議会は、どこかの遠い未来ではなく、いまある技術の組み合わせと少しの工夫で、明日の具体的な福祉現場を良くしてくれると期待しています。

社会福祉法人 愛川舜寿会

社会福祉法人 愛川舜寿会

常務理事 馬場拓也

人口減少社会において福祉の担い手不足が叫ばれている一方、私たちは誰でも簡単にインタラクティブ(双方向)な情報通達ができる時代に生きている。ハードウェア・ソフトウェア・ヒューマンウェア、混ざり合う3要素が化学反応を起こした時「福祉の現場 ICT活用協議会」からイノベーションが起きる。そんな予感がしています。

入会のお申込みはこちらから

お知らせ

協議会からのお知らせ一覧